高麗人参(朝鮮人参)<紅参>が「認知症」を改善

金氏高麗人参(株)研究開発室トップ>高麗人参の効果>高麗人参が「認知症」を改善

高麗人参が「認知症」を改善

高齢化に伴い、急増する認知症

認知症とは後天的な脳の器質的障害により、一旦正常に発達した知能が低下した状態を言いますが、単に老化に伴って物覚えが悪くなるといった誰にでも起こる現象は含まず、病的に能力が低下するもののみを指します。

厚生労働省研究班の調査によりますと、2012年時点で65歳以上の高齢者のうち、認知症の人は推計15%で約462万人に上ることがわかりました。また認知症になる可能性がある軽度認知障害の高齢者も約400万人いると考えられます。つまり65歳以上の4人に1人が認知症とその予備軍であり、早急な対策が必要となっています。

1. 認知症のタイプ

認知症は大きく分けると脳血管性認知症とアルツハイマー型認知症の2タイプになります。昔は前者の患者が多かったのですが、現在は後者の患者が多くなっています。

まず脳血管性認知症は、生活習慣病が原因で小さい脳梗塞が多発し、脳の血管が詰まり、脳の組織が徐々に死んでしまい、認知症や運動に障害が出てくるものです。従って、その治療には脳梗塞や脳出血への治療が有用と考えられ、脳血流改善薬や脳血管拡張薬、脳代謝賦活薬等が使用されます。

一方、アルツハイマー型認知症は脳全体に異常な老化が起こり、脳の指令部である大脳皮質に障害が発生し、そのため脳内のあらゆる情報伝達がうまくいかず、認知症症状が極めてゆっくりと進行していきます。治療薬は情報伝達を担うアセチルコリンを分解する酵素アセチルコリンエステラーゼを阻害する薬(アリセプト)だけが厚労省から認められています。残念ながらアルツハイマー型認知症を発症すると10年から15年で死亡すると言われています。

2. 認知症の症状

ここでどのような症状になるかを記述します。

初期に見られる症状
  • 手紙を書く際や職場等で、住所や日付を書き間違える。
  • つじつまが合わない文章を書くようになる。
  • 人の名前を忘れる。
  • 自分で片付けたものの場所を忘れる。
  • 約束を忘れる。
進行すると見られる症状
  • 通勤の道を間違える。
  • 家の中でトイレと台所を間違える。
  • 自分の年齢がわからなくなる。
  • 言葉の最後の数語を反復させる。
  • 一語を反響させるかのように何度も繰り返す。
  • 人形を子供と信じてなでたり、あやす。
  • 食事をしたことを忘れ、食べたばかりなのに「食事はまだ?」と催促する。
  • 乾いた洗濯物を、また洗濯機に入れて洗おうとする。
  • 鏡に映った自分を他人と思って話しかける。
重症化すると見られる症状
  • 人格が変化し、感情的に不安定になる。
  • 徘徊するようになる。
  • 環境に適応できず、さまざまな問題を引き起こす。
  • 最終的には精神の荒廃状態に陥る。
  • 言葉を発することもできなくなり、寝たきりになる。

このように本人は勿論のこと、周りの人にもQOL(生活の質)を著しく低下させることになる認知症は、その根本的な治療薬の開発が社会的に熱望されているところです。近年、「アミロイド仮説」に基づくアルツハイマー型認知症に対する根本治療薬の開発研究が盛んに行われています。アミロイド仮説とは、脳内におけるアミロイドβ蛋白が増加・蓄積することで神経の変性・脱落が起こり、アルツハイマー病発症の原因とする仮説です(Hardy et al.., 2002)。

3. 認知症と高麗人参

最近では、高麗人参のアルツハイマー型認知症に対する効果について注目が高まっており、様々な研究結果が報告されています。

まず、アミロイドβ蛋白が神経細胞を死滅させますが、高麗紅参が共存しますと、神経細胞の死滅が抑制されることが千葉大学医学部龍野一郎先生、千葉県立東金病院平井愛山先生らにより細胞実験で確認されています。同様の結果が世界の多くの研究者の間でも確認されています。

次に韓国ソウル医療センターのHeo JHらはアルツハイマー病患者61例に対し高麗紅参の認知症に対する効果を調べた結果、高麗紅参非投与群に比べ、投与群(4.5g/日)の12週間投与後は統計的有意差はなかったものの、改善を示したことを報告しています。

また韓国ソウル国立大学病院のLee STらはアルツハイマー病患者を高麗紅参投与(4.5g/日)群と非投与群の2群に分けて12週間観察した結果、高麗紅参投与群でミニ精神状態検査とアルツハイマー病評価尺度において有意に改善を示しました。しかし、投与を中止すると非投与群のレベルまで落ちたのです。これらのことから高麗紅参は、アルツハイマー病患者の認知成績に臨床的に効果があることを示唆したと報告しています。

さらに、高麗人参は、脳血管性認知症への効果も期待できます。

愛媛大学医学部の阪中雅広先生や中国のZhang G先生らは、それぞれ、脳血管性認知症モデルの動物(ネズミ)に、高麗紅参を投与する試験を実施。その結果、高麗紅参は、虚血による神経細胞死や学習能力の低下を抑制することが明らかになりました。これは、高麗紅参が脳血管性認知症の有効な薬となりうることを示唆しています。 これらの試験結果からもわかるとおり、高麗人参には、認知症の改善をサポートする働きがあります。今後、認知症の予防および治療の現場において、高麗人参は、大いに役立つことでしょう。

このページの上に戻る


金氏高麗人参(株)研究開発室

  • 高麗紅参の効果~様々な症状に対して効果を発揮する高麗人参
  • 臨床試験情報~高麗紅参組成物を用いた臨床試験情報
  • 飲用者からの情報~弊社に寄せられた変化や効果情報など
  • Q&A~高麗紅参に関する疑問をQ&A形式で解説
  • 有用成分ジンセノサイドについて
  • 文献コーナー
  • 高麗人参について