高麗人参(朝鮮人参)<紅参>が「胃弱」を改善

金氏高麗人参(株)研究開発室トップ>高麗人参の効果>高麗人参が「胃弱」を改善

<効果13>高麗人参が「胃弱」を改善

胃に不安を抱える人は6割以上

胃弱とは病気の正式名称ではなく、胃下垂、胃アトニー、胃痙攣、胃炎等を総称したもので、胃の働きが弱くなった状態を言います。症状として胃が重くなる、胃の調子が悪い、食欲がなくなる等があります。

ある民間の調査によりますと、胃の健康についてアンケートをとったところ(下図13-1参照)、胃の健康について「健康そのもの」と言い切れる方は38・3%に止まり、残り60%以上の方が胃になんらかの不安を持っていることがわかりました。「健康そのもの」と答えた方を見ると女性の方が多く、男性の方が不安に感じていることもわかりました。

ちなみに、平成24年度の人口10万人に対する胃ガン死亡率を見ると、男性52・5人、女性26・2人と男性が2倍近く高い結果となりました。

 (厚生労働省 人口動態統計より)

胃の健康についての意識調査結果

1. 体内での消化・吸収の過程

食べ物が消化・吸収される過程では、まず食べ物が口に入ると喉を通りやすくするためと消化液の作用を受けやすくするために、よく噛み砕かれます。口内では、唾液中のアミラーゼ(プチアリン)が分泌され、食べ物と一緒に胃の中に入ります。胃液が働くまでの間、食後30分ほどで食べ物中の炭水化物がプチアリンによって消化されます。その後、胃の運動により食べ物は胃液と混ぜ合わされ、粥状になります。胃液には蛋白質を分解するペプシンや塩酸、粘液等が含まれ、塩酸はカルシウムを水溶性にして小腸での吸収を助けたり、細菌の繁殖を防ぐ等の作用があります。胃の内容物が十二指腸に入ると、胃液の分泌が抑えられます。十二指腸では膵液や胆汁が分泌されます。膵液は糖質、脂質、蛋白質を分解する消化液で、胆汁は脂肪の乳化を行い、吸収を助けます。これらの消化液と混ぜ合わされたものが小腸に送り込まれます。小腸では更に腸液が分泌され、ほとんどの栄養素がここで分解・吸収されます。最後に、大腸では小腸で吸収されなかった水分とミネラルが吸収され、さまざまな腸内細菌が食物繊維等の未消化物を発酵によって分解し、一部が吸収され、残ったものは便として排泄されるのです。

2. 胃弱が起こるメカニズム

胃は、人間の生命維持に必須の消化・吸収過程に重要な働きを担っています。身体の調子によって大変影響を受けやすい臓器で、「健康の鏡」と言われるほどです。

胃は自分の意識で動かすことはできません。しかし、強いストレスを受けた場合には、精神的に繊細な人は自動的に胃の運動をストップさせてしまう等、胃はストレスの影響を直接受けるものなのです。

胃の中では、攻撃的なペプシンや塩酸と防御的な粘液との間にうまくバランスが保たれていますが、ストレス等によって精神的なバランスを崩すと胃のバランスも平衡を失います。胃の粘膜がペプシンや塩酸の強い酸性によって侵されて消化されてしまい、ひどい場合は胃の筋層まで侵され、ついに穴が開き、吐血に至ります。

一般的に胃の不調は、最初胃炎で始まり、食べ過ぎ、飲み過ぎ、タバコの吸い過ぎ等が引き金となって気分が悪くなり、ムカムカと吐き気をもよおします。軽い場合は安静にしていれば治ることがほとんどですが、絶えず暴飲暴食をしたり、運動不足や虫歯を持ち続けることで慢性化してしまいます。

胃アトニーとは、胃の壁の筋肉が緩んで無力化し、胃の運動や消化作用が弱っている状態を言います(下図参照)。胃が重苦しく、もたれ感があり、ゲップが多く出てきます。胃アトニーも前述の胃炎で述べたような生活をしていると、胃袋に大きな傷ができて食後にチクチクと腹痛を覚えます。

症状別に見る胃の位置

3. 胃弱を改善し、ピロリ菌を減少させる高麗人参

中国最古の薬物書である神農本草経には、高麗人参の胃への作用こそ高麗人参の代表的な作用であると書かれています。

富山大学和漢薬研究所の渡辺和夫先生の研究では、マウスに強いストレスを与えると、胃はすぐに潰瘍を発生させました。その潰瘍から著しい出血を起こす実験系において、高麗紅参を摂取させたマウスには素晴らしい効果が見られたことが報告されています。すなわち、高麗人参は自律神経を鎮静的に遮断する作用を持っており、正常な胃液の分泌状態を作り食欲を増進させます。また、高麗人参は精神安定効果が高いことから、ストレスを緩和するだけでなく、潰瘍部分を補修するためのヘキソサミン等の生合成を促進させます。

また、高麗人参は中高年に保菌率が高いと言われているピロリ菌にも効果を発揮します。ピロリ菌は、ヒト等の胃に生息するラセン型の細菌で、感染すると慢性胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍のみならず、胃ガンの発生につながり、口臭の原因となることもあります。近年の研究で、高麗人参の摂取によりピロリ菌が減少し、口臭も弱くなることが確認されています。

このように、高麗人参は胃に最適な食品と言えます。生活習慣の継続的な改善とともに、高麗人参を摂取することでQOL(生活の質)を向上させることを強くお薦めします。

このページの上に戻る


金氏高麗人参(株)研究開発室

  • 高麗紅参の効果~様々な症状に対して効果を発揮する高麗人参
  • 臨床試験情報~高麗紅参組成物を用いた臨床試験情報
  • 飲用者からの情報~弊社に寄せられた変化や効果情報など
  • Q&A~高麗紅参に関する疑問をQ&A形式で解説
  • 有用成分ジンセノサイドについて
  • 文献コーナー
  • 高麗人参について