高麗人参(朝鮮人参)<紅参>/高麗人参(紅参)が「腰痛」を軽減

金氏高麗人参(株)研究開発室トップ>高麗人参の効果>高麗人参が「腰痛」を軽減

<効果6>高麗人参が「腰痛」を軽減

加齢とともに増加する腰痛人口

平成22年度の国民生活基礎調査によりますと、男性555万人(8.9%)、女性776万人(11・8%)の計1331万人が腰痛で悩んでいます。 四足動物から進化した人類は、二足歩行により両手が自由に使えるようになって、高度な文明を築き上げました。しかし、この進化の犠牲になって大きな負担を強いられているところがいくつかあります。腰痛は、二足歩行のために背負うようになった、いわば人類の宿命と言えます。従って、腰痛の予防は糖尿病や風邪の予防等とは異なった難しさがあるのです。腰痛は、誰にでも起こり得る症状ですので、何よりも日常的な対策が必要と言えるでしょう。

世代別、男女別「腰痛を訴える人の数」

1. 腰痛の主な種類と症状

腰痛には、筋肉由来の緊張性腰痛(筋筋膜性腰痛)と鈍い痛みを伴う慢性の腰痛があります。なお、緊張性腰痛は、長時間同じ姿勢を続ける等過度なストレスを強いられると、常に交感神経が優勢になり他の筋肉が緊張します。すると、壊れたバランスを調節しようと腰の筋肉の負担が大きくなり、腰痛が発生します。

腰痛の主な病名とその症状および原因等について「ウィキペディア(Wikipedia)」より抜粋して記載すると下のとおりとなります。

腰痛の主な病名とその症状および原因等について

2. 腰痛への対処法

腰痛の原因で最も多いのが、椎間板ヘルニア等、椎間板に由来するものです。

脊柱は、硬い椎骨(背骨)と柔らかい椎間板が交互につながった長い柱ですが、椎間板はクッションの役割をしています。この椎間板の老化は20歳頃からすでに始まり、やがて最悪の場合は椎間板がペシャンコに潰れてしまいます。その時に、神経を圧迫すると坐骨神経痛が生じるのです。この椎間板の老化は予防できませんが、椎間板への過度の負担から守ることと、椎間板がペシャンコになって狭くなった神経の通り道を広げることが腰痛予防の基本です。

腰痛予防のために心がけたいこと
  • 適度に運動すること。
  • 重いものを持ち上げるときは、膝を折って腰を低くして
       背筋を伸ばし、身体(脊柱)に近付けて物を持ち上げること。
  • お尻が沈み込む柔らかいベッドを避けること、膝の下に
       座布団などを入れて下肢を曲げて寝ること。
  • 立ち仕事の時は片方の足を半歩前に出して10~20cmの
       台に乗せること。
  • 長時間のあぐらや下肢を伸ばして座る姿勢を避けること。

一方、ぎっくり腰のような急に激しい痛みが出たときの対処法として、最初に患部を冷やすことが大切です。冷やすことで、炎症の亢進を抑えて疾患の拡大(腫れ、疼痛)をできるだけ小さくすることです。しかも、可能な限り早く冷やした方が治療効果も高く、痛みも少ないようです。急性期を過ぎた後は、今度はできるだけゆっくりと温めて血流を良くすると筋の回復も早くなります。また、腹圧を上げるためのコルセット着用も効果があります。腰痛予防のためには、日常で上記のように心がけることが大切です。

3. 腰痛を改善し、予防する高麗人参

高麗人参は、自律神経の交感神経と副交感神経のバランスを調節する作用があり、交感神経の異常な興奮を抑える働きがあります。そのため、交感神経が活発化して筋肉が緊張している場合、高麗人参が交感神経を鎮静化することで症状を和らげる作用が考えられます。また、高麗人参には血流の改善作用がありますので、急性期を過ぎた患部を温めて回復を促進します。
いずれにしても日常生活に気を付けていただき、毎日高麗人参を摂取することで腰痛のない健康的な日々をお過ごしください。

このページの上に戻る


金氏高麗人参(株)研究開発室

  • 高麗紅参の効果~様々な症状に対して効果を発揮する高麗人参
  • 臨床試験情報~高麗紅参組成物を用いた臨床試験情報
  • 飲用者からの情報~弊社に寄せられた変化や効果情報など
  • Q&A~高麗紅参に関する疑問をQ&A形式で解説
  • 有用成分ジンセノサイドについて
  • 文献コーナー
  • 高麗人参について