高麗人参(朝鮮人参)<紅参>/高麗人参(紅参)が「不眠」を改善

金氏高麗人参(株)研究開発室トップ>高麗人参の効果>高麗人参が「不眠」を改善

<効果3>高麗人参が「不眠」を改善

5人に1人が不眠に悩んでいる

厚生労働省が行った調査によると、睡眠に関して悩みを抱える人は、19・6%と、日本人の5人に1人が睡眠の悩みを持っていることがわかりました。中でも、「朝起きても熟睡感がない」「朝早く目が覚めてしまう」「夜中に何度も目が覚める」等の悩みが多く、加齢とともに不眠にまつわる悩みが増すことも明らかになっています。

24時間型の社会になったことや、ストレスの増大等により、現代病の一つとなった不眠。大きな不調を招く前に、睡眠に関する正しい知識を持ち、自分の睡眠を見直すことが必要です。高麗人参で、身体の根本から不眠を改善してください。

1. 不眠の原因は身近なところに潜んでいる

不眠の原因は、次のように分けられます。

1.身体的要因
腰痛等の痛みや、足のかゆみ、頻尿、ひどいせき等が原因となる不眠。最近よく耳にする、睡眠時無呼吸症候群もこれに当たります。
2.環境
旅行先での時差等の環境の変化や、騒音や明るさ等の影響によるもの。
3.ストレス
悩みやイライラといった精神的なストレスが原因で起こる不眠。「眠らなければ」という焦りで逆に眠れなくなるケースもあります。
4.心の病気
うつ病や神経症等の精神疾患による不眠。
5.薬の覚醒作用
薬の副作用やカフェイン、ニコチン、アルコールの摂取が原因で起こる不眠。

2. 寝つきの悪さだけが不眠ではない

不眠症には、次の4つのタイプがあげられます。

1.入眠障害
なかなか眠れず、布団に入ってから寝つくのに1時間以上かかる。
2.熟眠障害
睡眠時間はそれなりに取ったにもかかわらず、目覚めがスッキリしない。
3.中途覚醒
夜中に何度も目が覚めてしまい、一度目が覚めるとなかなか寝つけない。
4.早朝覚醒
起きるべき時間よりも早く目が覚めてしまい、再び眠ろうとしてもなかなか眠れない。

睡眠の良いパターン・悪いパターン

3. さまざまな症状を引き起こす不眠、放置は厳禁

睡眠は、心身の健康と密接な関係があります。そのため、不眠になると、頭痛やめまい、肩こり、腰痛等の身体的不調だけでなく、意欲低下、イライラする、憂鬱になる等、精神にも大きな影響を与えます。その他、もの忘れがひどくなったり、判断力も低下します。
放置しておくと、免疫力が低下し大きな病気を招いたり、うつ病を引き起こすこともあるので、早めに予防しましょう。

4. 間違った不眠対策は避けましょう

1.寝酒は眠りを浅くする
「寝る前にお酒を飲むとよく眠れる」と思っている人は多いようですが、これは大きな間違いです。アルコールは入眠を促す作用がありますが、睡眠の後半では眠りを浅くしてしまいます。また、利尿作用によって睡眠の途中でトイレに行きたくなり、熟睡を妨げる要因にもなります。
2.怖い睡眠薬
睡眠薬は、使用法を間違えれば危険が伴います。
例えば、睡眠薬常用者が、急に服用を中止すると、使用の前より強い不眠症状が現れることがあります。また、妊娠中の母親が睡眠薬を常用していたため、睡眠薬中毒の子供が生まれてきたという報告も珍しくありません。そして、高齢者は起床時のふらつきによって転倒・骨折するケースも見られるので注意が必要です。
睡眠薬は不眠の症状を一時的に和らげはしますが、不眠の原因を解消するものではありません。重要なのは、根本原因から改善していくことなのです。

5. 不眠を根本から改善する高麗人参

高麗人参が不眠にも良いことをご存知ですか。有用成分ジンセノサイドが、ホルモンバランスを整え、精神や神経を沈静化します。ストレスへの抵抗力が高まり、悩みやイライラで眠れない時でも気持ちを穏やかにし、自律神経の副交感神経を刺激してくれますので、良い眠りへと導きます。これは不眠の原因を根本から解決する、効果的な方法と言えるでしょう。また、自律神経の働きが改善されるため、夜中に何度もトイレに起きることもなく、しっかり眠れるようになります。

自然のちからで不眠を改善する高麗人参で、身体への負担や中毒症状に悩むことなく、健康的な眠りを手に入れましょう。

このページの上に戻る


金氏高麗人参(株)研究開発室

  • 高麗紅参の効果~様々な症状に対して効果を発揮する高麗人参
  • 臨床試験情報~高麗紅参組成物を用いた臨床試験情報
  • 飲用者からの情報~弊社に寄せられた変化や効果情報など
  • Q&A~高麗紅参に関する疑問をQ&A形式で解説
  • 有用成分ジンセノサイドについて
  • 文献コーナー
  • 高麗人参について