「紅参エキス末錠剤」の不定愁訴に対する効果

金氏高麗人参(株)研究開発室トップ>臨床試験情報>「紅参エキス末錠剤」の不定愁訴に対する効果

「紅参エキス末錠剤」の不定愁訴に対する効果

目的

不定愁訴に対する紅参エキス末94%含有錠剤の摂取粒数による効果を確認することを目的とした。

錠剤の内容

紅参エキス末94.0%、ショ糖脂肪酸エステル5.0%、トウモロコシたん白0.9%、グリセリン脂肪酸エステル0.1%、1粒300mg

試験1
試験方法

29名の被験者(男性15名、女性14名 24~64歳)に、試験開始から1週間は錠剤を1粒/日を飲用させ、改善が見られない被験者は2週目は2粒/日飲用し、改善が見られるまで1週間ごとに1粒/日ずつ増加させた。不定愁訴の諸症状の状態を1週間ごとに「自覚症状表」に記載させた。

試験1の詳細はこちら
試験2
試験方法

試験1の方法で用いた「自覚症状表」を分析し不定愁訴の諸症状の改善状況を調査した。「自覚症状表」には各々の不定愁訴について、最も良好な状態を7、最も悪い状態を1として、各自の状態を7段階評価で記録させた。

試験2の詳細はこちら

このページの上に戻る


金氏高麗人参(株)研究開発室

  • 高麗紅参の効果~様々な症状に対して効果を発揮する高麗人参
  • 臨床試験情報~高麗紅参組成物を用いた臨床試験情報
  • 飲用者からの情報~弊社に寄せられた変化や効果情報など
  • Q&A~高麗紅参に関する疑問をQ&A形式で解説
  • 有用成分ジンセノサイドについて
  • 文献コーナー
  • 高麗人参について