臨床試験情報5|高麗人参(朝鮮人参)<紅参>組成物を用いた臨床試験情報

金氏高麗人参(株)研究開発室トップ>臨床試験情報>寒冷負荷ストレスに対する高麗紅参組成物摂取の急性効果

寒冷負荷ストレスに対する高麗紅参組成物摂取の急性効果

1.目的

高麗紅参が各種のストレスに対して抑制効果を有することは多くの文献にも記載されている。今回、高麗紅参組成物を用いて、健常人を対象に氷水浸漬による寒冷負荷試験を行い、どのような効果を示すのかを検討した。

2.試験方法

1.供試品 高麗紅参組成物
(高麗紅参粉末70%+高麗紅参エキス粉末30%)を錠剤にしたもの(1粒300mg)
2.被験者 男性20名、女性11名の計31名。いずれも健常者である。
3.摂取量 6粒
4.実施方法 氷水を満たした容器(4℃前後)に被験者の右手を手首まで浸し、我慢できなくなるまで浸漬し、時間を計測する(氷水浸漬耐久時間--IWTT※)。同時に左上腕にて、血圧、心拍数を測定する。測定時期は浸漬前、浸漬直後、浸漬終了10分後とする。一連の操作を摂取前に行い、その後6粒摂取して、1時間安静をとり、再度同様の操作を反復する。

3.試験結果

※IWTTとは、Ice Water Tolerable Timeの略。金子循環器内科 金子先生が提唱された造語です。

このページの上に戻る


金氏高麗人参(株)研究開発室

  • 高麗紅参の効果~様々な症状に対して効果を発揮する高麗人参
  • 臨床試験情報~高麗紅参組成物を用いた臨床試験情報
  • 飲用者からの情報~弊社に寄せられた変化や効果情報など
  • Q&A~高麗紅参に関する疑問をQ&A形式で解説
  • 有用成分ジンセノサイドについて
  • 文献コーナー
  • 高麗人参について