臨床試験情報4|高麗人参(紅参)組成物を用いた臨床試験情報

金氏高麗人参(株)研究開発室トップ>臨床試験情報>高麗紅参組成物の大量摂取による安全性と効果確認試験

高麗紅参組成物の大量摂取による安全性と効果確認試験(1日18粒1ヵ月間摂取)

1.目的

高麗紅参組成物の、即効的な効果を期待して大量に摂取し続けた場合を想定し、その場合の安全性ならびに効果を確認するために本試験を実施しました。

2.試験方法

1.供試品 高麗紅参組成物
(高麗紅参粉末70%+高麗紅参エキス粉末30%)を錠剤にしたもの(1粒300mg)
2.試験実施施設 京都四条病院健康管理センター
京都民医連太子道診療所
3.試験実施期間 平成20年11月初~12月初の1ヵ月間
4.被験者 本試験内容に同意した男性9名、女性5名の計14名
5.摂取方法 1日18粒、1ヵ月間摂取。摂取時間は自由とした。
6.測定項目 摂取開始前と摂取1ヵ月後に下記の項目を測定した。
問診、自覚症状表記入、身体計測、血液学的検査、血液生化学的検査、CTスキャンによる内臓脂肪検査、尿検査

このページの上に戻る


金氏高麗人参(株)研究開発室

  • 高麗紅参の効果~様々な症状に対して効果を発揮する高麗人参
  • 臨床試験情報~高麗紅参組成物を用いた臨床試験情報
  • 飲用者からの情報~弊社に寄せられた変化や効果情報など
  • Q&A~高麗紅参に関する疑問をQ&A形式で解説
  • 有用成分ジンセノサイドについて
  • 文献コーナー
  • 高麗人参について