臨床試験情報3|高麗人参(紅参)組成物を用いた臨床試験情報

金氏高麗人参(株)研究開発室トップ>臨床試験情報>不定愁訴に対する臨床試験

高麗紅参組成物を用いた不定愁訴に対する臨床試験(1日3粒3ヵ月間摂取)

1.目的

古来、高麗人参の紅参が経験的に滋養強壮、疲労回復、精神安定、鎮痛などのいわゆる不定愁訴に対して用いられてきたことは、紅参の有する広範な薬理作用を推測させるものである。今回、我々は高麗紅参組成物を用いて不定愁訴に対してどのような効果を示すのかを試験したので報告する。

2.試験方法

1.供試品 高麗紅参組成物
(高麗紅参粉末70%+高麗紅参エキス粉末30%)を錠剤にしたもの(1粒300mg)
2.被験者 何らかの不定愁訴を有する有症者46名(男性19名、女性27名、平均年齢52.5歳)で実施。
3.摂取量 1日3粒、3ヵ月間摂取。
4.自覚症状表への記入 下に示す自覚症状表に、試験開始時、摂取1ヵ月後、2ヵ月後、3ヵ月後に各症状に示す7段階の状態の内、その時点で相当する状態を数字で記入する。
5.評価方法 試験開始時に比べ、症状の状態が3段階以上改善した場合を「著効」、2段階改善した場合を「有効」、1段階改善を「やや有効」とし、試験開始時と変化ない場合および悪化した場合は「無効」と判定した。有効率は「やや有効」以上の人数と試験開始時の有症者数から求めた。尚、試験開始時の症状状態の数字が6または7の場合は評価から除外した。
5.自覚症状表

自覚症状表(PDF:129KB)

adobeReaderのダウンロード
PDFファイルを ご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない場合は、左のマークをクリックしてAdobe社のサイトからダウンロード(無料)できます。

このページの上に戻る


金氏高麗人参(株)研究開発室

  • 高麗紅参の効果~様々な症状に対して効果を発揮する高麗人参
  • 臨床試験情報~高麗紅参組成物を用いた臨床試験情報
  • 飲用者からの情報~弊社に寄せられた変化や効果情報など
  • Q&A~高麗紅参に関する疑問をQ&A形式で解説
  • 有用成分ジンセノサイドについて
  • 文献コーナー
  • 高麗人参について